テーマ:登山

“ご無沙汰山のウワサ”を確かめに

「たまには何か書きな(更新しろ)よ!」と知人に言われて、久々ココにやってまいりました(笑)。 たぶん1年くらい前にネタにした“北岳の鐘”、実際に確認しに行ってきました。 かつてはこの辺りの稜線上に、確かに“あの鐘”があったのです。 ウワサ通り、跡形もなく消滅しておりました。 なんか、チョットだけ感傷的になりました。 北岳は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さぁて、北アルプス行くよ!

久し振りにここにきた(笑)。 それにしてもまぁ、毎日毎日クソ暑いですなぁ。 ただ今、『ホンマに楽しい?食事計画』のまっただ中なのであります。 なんと計画では3泊4日。 とはいっても、いたってオーソドックスな“上高地から入って奥穂まで”という行程。 どうして3泊も要するのかといえば、それは、ま、おいおい説明することに…(なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目が“バカ”になる

な~んか、スゴい岩場に見えるかも? でもココ、普段フツーに通過している場所なのだ。 何気に写真をB/W化したりして遊んでいたら、一瞬手が止まった。 「…えっ?」 ただの通過点が、結構な岩場に見えてしまう。 目の錯覚か、感覚のズレなのだが、今さらながら「ホエ~、結構な斜面だったのね…」とかなんとか。 と同時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカン、またやってもた…

特に寒くなるこの季節、「分かっちゃいるが…」のオロカなヤケド…。 早く沸騰させようとして、クッカーの径を無視してストーブは“フルパワー”。 当然、ハンドル部にもフレアが当たり、かなり熱くなってしまう。 外気が冷たいので、チラッと触った感じでは「はぁぅ温かいぃ…」レベルなのだけど、 持ち上げようと、ギュッと握った瞬間、「ゥ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“ごぶさた山”のウワサ

大した話ではない。 最近“ごぶさた”の北岳について、あるウワサを耳にした。 本当、大した話ではない。 北岳山荘に行った(寄った、泊まった含)人なら知っているだろうが、山頂から下りてくると、山小屋の100mくらい手前だろうか、稜線上に“鐘”がある。 あの鐘がいったい何のために設置されているのかは、今もって明確には分からないのだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オレンジくん、踊る。

2日間、とってもいい天気だった。 だから、なのだろうか? 阿弥陀岳からの下り行程。 おもむろに御小屋尾根の途中にある岩塊に攀じ登り、赤岳山頂に向かって大声で何かを叫び、妙チクリンな踊りを始めた“オレンジくん”。 天気が良すぎたか? それとも南稜の緊張感から解放されたからか? ずっと富士山が見えていたからか? 無雪季最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やややっ!?

また何セットか仕入れてきました。 “先っちょの先っちょ”=『ブラックダイヤモンド (トレッキングポール)ティッププロテクター』。 “黒ダイヤ”ユーザーの人! 気がつきました?  消耗が激しいパーツなので、僕はここ3年以上『LEKI』に、この“先っちょ”を使っているのだけど、今年のは先端が違う! 何が? って、間違いなく先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組立くん

「眠すぎるので、つづく…にしてしまうのです」と書いて放っておいた前回(といってもずいぶん前の話だが)、バランバランにした“REVO-3700”の組み立て編です。 今ちょっと見てみてら、なんと5ヶ月も前の話だったのね(涙)。 放っておいたとはいっても、ストーブ自体はちゃんと組み立てて、現在も元気に稼働中。 サボったのは“ブログの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

条件反射…なのか?

“また”行ってきました、『春の高尾・陣馬スタンプハイク』。 まったく、飽きもせずよく続くものだと我ながら感心してしまう。 しかし今回は、高尾山まで。 あくせくスタンプ集めに終始せず、のんびり行こう! というコンセプトだった…ハズ。 僕的に、“のんびり”のための1番の違いは、“靴”だ。 これまでは、トレッキングシューズを履い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと決心!

今までずっと、避けて、避けて、避け続けてきた山に、今年ついに登ることにします。 「どうした?」「なんかあったの?」「どんな心境の変化?」とか、最後に“?”が付属する言葉が飛び交うこと必至の決断。 フツーの感覚では、“山のぼり”≒「いつかはフジサン」なのだろうが、アノ山はあくまでも『観賞用』というふうにしか見ることができなかった身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安堵のケムリ

日常何かと忌み嫌われる“ケムリ”。 焚火とか、スモークとか、バーベキューとか、たばことか、隣家の夕げの焼き魚だとか…。 “誰かのケムリ”だからなのだろう。 天候が崩れて予定外の時間を費やしてしまい、強風の稜線からヘロヘロの体で下りてきた。 夕暮れ前の小屋からは、遠慮がちな煙突がニョッと突きだし、その先からモウワモウワと煙が昇…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

グゲェッ、グェ~ッ

と鳴くんです。 どうなんでしょ? 15年くらい前に較べて、生息数が増えたんでしょうか? 昔はぜんぜん見なかったのに、最近は2山行に1回程度は遭遇します。 写真を引っ張り出したついでにひとネタ。 登山道をチョコチョコ、トコトコと、ずっと僕たちを先導してくれた晩秋の燕でも(上)。 夕暮れ間際に4、5羽の群れで姿を現した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あけまして おめでとうございます

新しい年が始まりますね。 本当にいろいろありがとうございました。 年始はちょっとムリそうですが、またどこか山のぼりでも行きましょう。 キツ~イの、ね(笑)。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分解くん

「僕のあだ名は分解くん、何でもかんでもバランバラン、元に戻せなかったら、ゴメンね~」…って、こっちは“ゴメンね”じゃすまないのでちゃんと組み立てます。無論インテルは入っていません。 『ミリン干しの呪い』によって“一発着火”しなくなった“EPI REVO-3700”。 というか、経年のズレというか歪みによって着火しにくくなっていた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

I am proud.

とても小さな誇りだ。 僕の机のそばには、こんな写真が飾ってある。 何でもない、槍ヶ岳の頂上でみんなで撮った写真だ。 あの時、その場にいた、どこの誰かも知らない“山の仲間”に撮ってもらった1枚だけど、いつも僕を勇気づけ、支えてくれるワンショットなのだ。 天気はとても悪かった。 数年前の9月の初旬。 前日の殺生ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミリン干しの呪いか?

最近“一発着火”しなくなった“EPI REVO-3700”。 どうも気温のせいだけではないみたいなのです。 メンテナンスも怠りがちだったので、久々室内でチェックしてみようかと…。 このストーブは、新発売された翌年に手に入れたモデル。 その時点ですでに、各部にモディファイ(=マナーチェンジ)が施されていて、いわば“セカンドモデ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“P-chan”参戦!

“P-chan”というのは、僕の姪(3歳)のことだ。 たびたび登場する、“少年”の妹だ。 で、何に“参戦”したのかというと、『高尾・陣馬 秋のスタンプハイク』。 このところこのネタばかりで涙が出そうだが、今回もまた、そうなのである…はぁ。(しかもまた、駄文が長いデス…) 「いつも兄キばかりが連れて行ってもらえる“山のぼり”と…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

続“山のアンパン”

見よ、このカタチ! もはや、“作品”の域にまで達してしまいそうだ。 僕の山のぼりの“行動食№1”アンパンなのだ。 前回ネタにした時から、意識して形状の変化なんかを気にかけるようになり、ついに“シリーズ化(なのか?)”。 ま、せっかくだから、これからも写真がある限り続けていこうかと…。 今回はイッパツ勝負。 『…秋のスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年とオイちゃん! Part3

久し振りに少年(甥、5歳)と山のぼりに行ってきました。 あ、もちろん雪山ではありません。 タイトルの写真、昨日の陣馬山山頂です! どうりで寒いと思った…って、マジでビックリです。 今回は、“1日で12個”を、目指します! (注:ここからは長い道のりですぞ) 「毎年2回、春と秋には少年は高尾山に登ります…」と“春”の時に書…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

どーなる? “カガクノチカラ”

僕も教えてもらったのだが、『アイノバイタル』シリーズにメーカーから「自主回収」が出ている。 なんでも、「…砂糖の200倍の甘味がある低カロリー甘味料…」の何とかかんとか(=アセスルファムカリウム)が、食品衛生法の使用基準を上回って配合してあったとか…。 それでも、人体には影響がないらしいので無視しようと思ったのだけど、“自主回収…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

あぁっ、スバラシき…

今しがた、ポストを見に行ってビックリ! こ~んなモノが届いていました。 先の山のぼり(=LTB…、あ、まだアップしていませんでした)で、完全に崩壊してしまったヘッドライトのパーツの問い合わせをしたのは金曜の夕方。 30分もしないうちの、 「…申し訳ございませんでした。 交換品は、無償にてフォームご記入のご住所宛に、ヤマト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい“相棒”

といっても、腕時計の話です。 “誕生日プレゼント”で使い始めて約2ケ月。 ようやく操作にも慣れてきたって感じだ。 ご存じ『BARIGO No.46』。 豊富なカラーバリエーションの中から、僕が選んだのは黒。 時刻表示のサイズが大きいくらいで、一見どこにでもある、フツーのデジタル腕時計。 そこが気に入っているが、まだ愛…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

“山のアンパン”

僕にとっての、“正しい”山のアンパンは、こんなカタチをしています(ウソ)。 それにしても、どうして山で食べるアンパンはあんなにウマイんだろう? “コーラ”も含めて、山のぼりの時は自分の中の特別な“嗜好”が、活発に始動するメカニズムがあるみたいなのです…。 僕の“山の行動食”は、以前触れたミックスナッツ以外に、アンパン、大量…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヤリホ~、ヤリホ~、ヤリ、ヤリホ~!

いよいよ出発なのであります! しかし、パッキングしているうちに気が付きました。 イケる気がしない(涙)。 な~んか、緊張しています。 心なしか、体調もよくありません。 ずっと“稜線”3日間。 最悪、最低気温-2~3℃。 分かっています。 分かっているけど、行ってみたいのです。 イケるトコまで…。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

すてきなプレゼント

今日、ポール・チーリーさんから贈りものが届いた。 少し前の僕のバースデイプレゼントだという。 その、も少し前の彼の誕生日プレゼントに、僕は自作のアルコールストーブセットを贈っていた。 そのお返しらしい。 いい歳こいたオッサンどうしが、誕生日プレゼントを交換し合うのも気持ち悪いものを感じるのだが(笑)…、これは本当にウレシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

燃える“涸沢”作戦

今年まだ1度も、一緒に山のぼりに行っていないポール・チーリーさんが、紅葉の涸沢を観てみたいという。 それは実現させないとイケナイ。 しかし、涸沢まで行ってそこから上に行かないということは、我々“ケムリの仲間”には恐らく不可能なので、計画的な“無茶しい”らしく、マジメに考えるのである(写真は昔のものいろいろです)。 そういえ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『安全第一、登山は第二!!』…なの?

ついに第10集です! 今回は、発売日に手にしました。書店を出てすぐ、辛抱たまらず近くのドトールへ。 約30分、「ここでは泣けない…」とガマンを余儀なくされました(笑)。 『岳⑩』(小学館刊)です。 山岳救助の“スーパーマン”漫画です。 オッサンになると涙腺が緩んで困ります。 いっそ“ナオタ君”にでもなりたいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤリホ~暗雲(涙)

“槍穂”では、もし仮に何かあった時に、助けてはくれないまでも、最後まで見届けてくれるパートナーは不可欠だ。 全部、きっと僕が悪いのだ…。 絶対的な信頼感をおけるパートナーというのは、そう易々と作れるものではない。 そんな“信頼関係”を、僕が傷つけてしまった。 相手を信頼できるから、「一緒に山のぼりに行こう!」って言え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

登頂なきアルピニスト

われわれ“山ノボラー”は、シアワセである。 直接にせよ間接にせよ、全く関係しなかったとしても、山に登るというハイリスクな行為はいつも、“こういう”人間たちに守られているということを知らしめてくれる。 とはいえ、いわゆる“積ん読”の小山の底辺付近に1年近くあった一冊なので、ネタとしては古い(涙)。 熱いオトコたちの話である。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤリホ~、ヤリホ~!

ついに念願の“槍穂縦走”に着手することになった。 まだ、計画段階なのだが、果たして本当に遂行できるのか? 心配ばかりが先行してしまうが、ただ今調査進行中であります。 初めて『槍穂縦走』のDVDを観たのはいつだったか。 “熱帯ジャングル”から届いてすぐ、地図を片手に2、3回は繰り返して観たハズだ。 「ほへ~、ほへ~」っと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more