テーマ:山メシ

「サンドイッチ4人前~っ!」

久し振りに早起きして、“お昼ゴハン”を作った。 みんなで行く日帰りの、ハイキングレベルの山のぼりでは、“行動食”は極少量に留め、みんなで楽しむ“お昼”を持って行っている。 ついに“当番”が回ってきてしまった僕は、前日に「明日の“昼”は超軽いから、反省会(正しくは、下山後の単なる“飲み会”)でハラ満たしてくれ~!」とメールした。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

台頭、“飲める”山メシ

あぁ、プリプリですやん!  荷物の制限があまりない山のぼり、最近、真空パックのコイツを持って行くことが多い。 これがまた…、飲めてしまうんですなぁ~(ハァ)。 そうです。 ただの イカ飯! です。 でも、存在自体がとってもキケンなのです。 まだ日が残っているうちにテン場に着いてしまって、 「ちょっと早い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ふえ“過ぎ”るわかめちゃん』

山で“みそ汁”をおいしく味わいたいと思ったら、「気をつけなければならない事がある」ということを、この度、肝というより、胃袋に銘じさせていただきました。 写真は“みそ汁”のハズ…なのだが、なぜかカップの真ん中でスポークが直立するのだ。 山で食す人も多いと思われる『生タイプのインスタントみそ汁』。 山だからといって単体では…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

“滞る流れ”に乗る前に

山から下りてきて、最初に行く店(飲食店)を、僕は(勝手に)『カロリー亭』と呼んでいる。 それはどこの山域だって、ある程度の“行きつけ”みたいな、山の粗食に耐えた胃袋を満たしてあげる、いわば満腹中枢喜びの店、胃袋慰労店…みたいなものである(笑)。 あるでしょ? プラスマイナスを限りなく0にできる、ハイカロリー摂取可能な、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お部屋バジル

やっと、10kmを50分台後半で走ることができるようになった。 でも、そのスピードを続けると、15kmくらいでヒザがパンクして「やめてくれ~」と言う(涙)。 速度を落とせば、ユルユルで20kmくらいまではノンストップでイケる。 う~ん、“一夜漬け”トレーニングなら、ま、こんなのものか…。 “田の原”までの約10km。ぜ~んぶ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

見~つけたっ!

“リコール”以来、しばらく姿が見えなかった『アミノバイタル プロ』。 というか、僕も気にして見てはいなかったのだけど…。 そろそろ“浮気”はやめて、“本妻”に戻ろうかしら…と、仕入れてきたのでした。 よくよく見てみると、アラ、そういうことなの? ズ~ン! と。 「う、うれしいですっ!」 ついで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おイナリさん

お弁当を作ってもらった。 おにぎり3種に、おかず多数。 久し振りに腹いっぱいになるほど詰め込んで、ふと「あれっ?」と思った。 キミ、関西人じゃなかったのかい!? というのも、西日本で作られる“いなりずし”は三角形。 中も普通の酢飯じゃなくて、五目寿司やら、何かと“具”が入っている。 一方、東日本は四角形(俵型)で、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画策、“山スパ”

いや、マジ、真剣に考えています。 山のテン場で、この程度の“山スパ”食べることを! もちろん、カツカツの“登山”の時は無理だけど、のんびりホッコリの“山のぼり”プランだったら、できるんじゃないかと…。 きっかけは、ある日僕が“晩メシじゃんけん”で負けて、作る当番になった時のこと。 買い物に行くのも面倒くさいので、冷蔵庫の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more