メロンパン作って、みた

画像
どうでしょ?
ウマそ、に見えます?

あ、これ、紙粘土製です。
決して、発酵させたり焼いていたりはしてません(笑)。

時々アソビに来るP-Chan(姪5歳)のブームは“紙粘土”だ。
それで“大好きな食べ物”のミニチュアなんかを作る。
タコ焼とか、クッキー、チョコレート、お好み焼きとか…。

ま、どれも5歳児が創る造形物なのだけれど、
「ねぇ~、みてみて~っ!」
「ん? コレ何作ったの?」
「え~とね、これパイ!」
などと、差し出された“粘土のカタマリ”を見せられると、どうしても僕のクリエイティビティが疼きはじめてしまう。

粘土でどこまでできるのか?
とりあえずやってみた。

指先をパリパリにしながらいろいろ作ってみたのだけれど、これが結構難しい。
作っては潰し、作っては丸めしながら、
「ね、何作ってほしい?」と聞くと、「パン!」とP-chanは笑顔で即答。

「どんなパンがいいの?」
「う~ん…、なんでもいい!」
「じゃ、メロンパン作ってみよう!」
「メロンパンたべたい!」

と、いうワケでここに至った。

1週間ほど乾燥させて、アクリル絵の具でベース色、パフを使って焼き目を表現。

「あぁあぁ~っ!」

ある日やってきたP-chanは僕の苦心の作を指さして、

「メロンパンできてる~っ!」

と、いつもながらの芝居がかった表現力で感動しつつ、
「食べた~い」とかなんとか…。

艶消スプレーでトップコートして、「持って帰っていいよ!」と言ったのに、このメロンパンはまだ僕の家にある。
う~ん、あんまり気に入らなかったのだろうか?

ま、イイや。
ちなみにサイズはこれくらい。
画像

自分でいうのも何だが、たまに遠目に見ると、ふと「メロンパン食べたいな」とか思えてしまう(自画自賛・涙)。

後で知ったのだけど、この手の造形物では定番のドーナツなんかも、
画像
すでに作ってたりする。

紙粘土の世界も、かなり奥深いなぁ。




おぉ、こういったものは“スイーツデコ”とかいったカテゴリーで、もうすでにいろいろと確立されているらしい。今知った。
無知でスンマセン。
















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









樹脂粘土のミニチュアフード匠の技1/6サイズのケーキシリーズ★「タルト・メロン」
クレイアートハウス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 樹脂粘土のミニチュアフード匠の技1/6サイズのケーキシリーズ★「タルト・メロン」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
樹脂粘土のミニチュアフード★1/6サイズケーキシリーズ★「ムース・メロン」
クレイアートハウス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 樹脂粘土のミニチュアフード★1/6サイズケーキシリーズ★「ムース・メロン」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック