当然、こうなった

画像
当然(なのか?)というか、やっぱり、というか…(涙)。
“お付き合い”で、いくつかプラモデルを作っているうちに、ついに、ここにたどり着いてしまった。

やっぱり、『機動戦士ガンダム』といえば“ザク”でしょう。

30年振りか?
ヒトツ目のタコ坊主と再会するのは…。


MS-06 ザクⅡ


今はそう呼ばれているらしい。
ジオンのミリタリーナンバー(なのか?)が付せられて、結構それっぽい(笑)。

でも、僕たちオッサン世代にとっては、ただの“ザク”やん。
“シャー(シャア専用)ザク”と区別するために、“ザク”、もしくは“リョーサン(量産型)ザク”って呼んでたハズだ。

で、ちょっと気になった。

「ザクⅡということは、ザクⅠってのもあるのか?」





あった。

「これって、“キューザク”やんっ!」
思わず口をつく。
旧型ザクは今、『MS-05 ザクⅠ』というらしい。

ま、何となく想像はついていたのだけれど、“エムエスゼロゴ”とか“ザクワン”とかいわれても、やっぱりピンとこない。
量産ザクは“ザク”、旧型ザクは“キューザク”でいいんじゃない?

少なくても、オールドタイプの我々オッサンにとっては。

ちなみに、最近調べて驚いたのだけれど、30年前の1/144のガンプラ(ガンダムのプラモデル)は、僕はほとんど作ったことがあるみたいなのだ。
全く作った記憶がないのは、ドム(出てたのかな?)と、リョーサンゲル(量産型ゲルググ)、そしてこのリョ-サンザクだけっだった。

特にリョーサンザクは、片田舎の文具店のプラモデルコーナーでは、とにかく手に入らなかった。
いつも入荷されるのはシャーザクばかり。そういやズゴックも“量産型”を手に入れるのには苦労した。

実は、“ガンタンク”も作った記憶はなかったのだが、この間、少年の母親(=僕の妹)と話している時、
「私、ガンタンク? ってのを作った記憶があるわ」と。





う~っ、本当に申し訳ない(僕にはその記憶が全くない)。

「…それはたぶん、僕が無理やり買わせたんだよ、妹よ…。」

その会話を起点に、「…そういえば“Gアーマー”も無理くり買わせたような…」っていう僕の記憶が蘇りつつあったのだが、決して声にする事は(でき)なかった、のである。

幼少の頃の“兄”というイキモノは、いつの時代も妹や弟に対しては無慈悲である。




あぁ…、またまた今回もムダな事をタラタラと…。


で、夜な夜なオッサン一人で懐かしのMS(モビルスーツ)を作り始めると、何というか、やめときゃいいのに、細かいトコ、どうでもいいトコなど、いろいろ気になりはじめてしまうんだよなぁ。
さっそく、やめときゃいいのに深夜の“朦朧の時間”に、“ポチッ”て、プラバンやらポリパテやらを発注してしまうんだよなぁ。
本当やめときゃいいのに…。

…って愚行にようやく我に返って、武器、頭、胸、左肩、股間あたりを軽~くイジッたあたりで一旦仮組み。もういいやっ! 
画像
HGUC ZAKU Ⅱ、こんな感じにはなりました。もう充分でしょっ!

さぁっ、“色”塗りますよ!






…と書いてから約1カ月。
画像
基本色塗装の後、こんな状態で、放置されていたりする。
少年曰く、「あ~っ、これ『ケロロ軍曹』で見たことある~っ(ニコッ)!」…らしい。

は~ぁ、まったく…(涙)。

早く作っちまえっ!!













ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)
バンダイ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

HGUC 1/144 MS-06 量産型ザク (機動戦士ガンダム)
バンダイ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by HGUC 1/144 MS-06 量産型ザク (機動戦士ガンダム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

メガサイズモデル 1/48 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)
バンダイ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メガサイズモデル 1/48 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック