1300以下はもうちょいイケル!?

画像
今日の“撮って出し”です。
南東側、標高1000mくらいから見上げた八ヶ岳山塊。
しかし、今日のドピーカンはすごかった。
ほ~んと、どっか登っていた人がウラヤマしい(涙)。

主峰赤岳の“ヒダヒダ”までも、一枚一枚ハッキリ、クッキリ!!

麓の柔らかい色々と相まって、まさしく“羨望”。

山のぼりではなかった僕は、クリアな景色にアーッ、アーッとかアチコチで叫びながら、恐ろしいスピードの眼球運動とは反比例するように、超低速走行を余儀なくされ…(脇見ばかりでして…)。

1日中日差しがあったので、外気温6~7℃でも寒くは感じず(車だったし…)、持っていった薄手のダウンもほとんど着ずじまい。
とてもラッキーな1日となった、のだけど、「山のぼりの時もこうあってもらえんものか…」とか、ブスブスッと恨みつらみが、ブスブスッと…。


で、たまには(多少の)お役立ち情報を。

八ヶ岳南側、標高1300~1400mまで上がってみた感じでは、それ以下の紅葉は今週末くらいまでイケル(見ごろ)かも!? という状態。
でも樹種によっては、もうすでに“枯れ枯れ”なものもあったので、高い所ではあんまり樹々には接近して見ない方が…って感じ(笑)。

色づきも、いわれているほど悪くもなく(去年がよすぎた?)、褐色手前の輝ける黄葉のトンネルをくぐると、まさしく“秋ーっ!”を堪能できると思う。

標高900m前後まで下ってくると、
画像
まだ一部に青い葉を残したモミジさんが、いい感じに燃えています。

しかし、今見てみたら、今週末は天気があまりよくないようで…。
それでも、雨で葉が落ちてしまわなければ、1000m前後は来週もイケルかも? って感じ、かな(あくまで“私見”です)。



で、久々のオマケ。

今日のお昼ごはんは、“山菜せいろ”。
画像
いろんなキノコの香りたっぷりの、温かいつけ汁でイタダキます。

知覚してしまう“豊潤の秋”。
あぁ、コレがまた美味い。

このエリアでは今、『新そば祭り2011』を開催中!


とにかく新蕎麦がウマイのです!


…が、個人的にはやっぱり、ワサビをきかせて冷たくスパッとイタダク方が、好みだったみたいで…(半笑)。
じゃね。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック